Powerful Smile! 

ワラエル コトガ ステキ!

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  trackback: -- | comment: -- | edit

日常。 

未分類 |

夕方のニュースが、テレビで流れている。

午後6時半。

そろそろだな。って、
お味噌汁のだしを温めはじめる。

夕方のこの時間。外はまだ明るい。

金曜日は、遅い時間まで
子供たちは外で、遊んでいる。

今日は、ひさしぶりに梅雨の晴れ間。

キッチンの窓から、うすももいろのソラが見える。

いつもの風景。
いつもの手順。

おだしの匂いが、キッチンに広がる。

勝手口が、がちゃりと開いて、
近所の子供が顔をだす。

「ヒラタクワガタの飼い方、教えてください」

「タイチなら、いないよー。探してきー」

また扉が、がちゃりと閉まる。
今度は、他の子が顔をだす。

「イツキくん、いますか」
「イツなら、いないよー」

思わず、くっくっと微笑む。

もしも。
なにかが違ったら。
こんな“あたりまえ”なんてなくなってしまう。

夕ご飯が、こうやって作れること。
かえってきて、一緒にたべる人がいること。
それが、どれほど幸せなことかって思う。

肉じゃがもできた。

お魚を焼く。

納豆のパックをあける。
よし!今日は、うまく開いた。
時々、失敗して、フタが途中でやぶれてしまうことがある!

ごはんが、炊けたとタイマーが知らせてくれる。

もう一品と思ったけれど、もうやめた。
昨日の残りものもあるし。

うん。これでよし。と・・

この時間、どの家でも、
こうやって、夕飯の支度をしているんだろうなあ。

自転車の音。
家の前の道路を、子供たちが、わいわいと走っている音。

「ばいばーい。またあしたねー」

家のドアが開いて、外の風がふわりと入る。

風と一緒に子供たちの声。

“ただいまー!”
“ただいまー!”

ひっくりかえった靴。泥だらけ。

静かな夕方は、ここまで。

“おかえり。手洗って、夕ご飯、たべよ”

スポンサーサイト
23:23 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

お願い事。 

未分類 |

月曜日。
お休みの日。

さて、なにしよう?と考えていましたが、
義兄から、先日すすめられていた、
アレを見に行ってみることにしました。

家事は後回し。
(わりといつも後回しだけど・・・)
大まかな用事をすませて、
さあ!出発。

時間短縮のために、高速を通っていったので
一時間ほどで、到着しました。

ここは、篠栗。『南蔵院』

大きな大きな“涅槃像”で有名なところです。
ねはんぞう


お釈迦様が、ゆるりと横になっていらっしゃいます。

「おっきー!!」

思わず声にだして、言ってしまいました。
どのくらい大きいのかというと、

全長41メートル。高さ11メートル。重さ300トン。

想像つかないでしょう?
ニューヨークの自由の女神を横にした大きさと同じなんですって!

なんだか、とってもくつろいでいらっしゃるような、いいお顔。

そんなお顔を眺めつつ、
“涅槃像”の体内にも入ってきました。

撮影禁止だったので、
ここだけ↓
ねはんぞうの中


ここが、入り口。
細い通路になっていて、床には88枚の石畳がひいてあります。
この石畳の下には、
各寺院の砂が埋められていて、
ひとつづつ通れば、
八十八箇所の霊場をまわったことと同じになるというのです。

実は、今日ここにきたのは
理由がありました。

ココロを静めて、

目を閉じて。

祈ります。


お香の香りと、
静かな、ひんやりとした空気。

ココロが穏やかになっていくようでした。



お釈迦様の体内から、外へでると、
さっきまで、曇り空だったのに、
ぱあ~っと、おひさまが射していました。


うんうん。なんだかいいことありそう・・・・


さてさて、
大事な用件を終えたので、あとは自由に散策です。

ここ南像院のひろいこと、ひろいこと。

いたるところに、神様がいらっしゃいます。
わらべじぞう
七福神。
大黒様。
大きなおおきな招き猫まで!

参拝スポットてんこ盛り!

~がらん、がらん、がらららん~
鐘を鳴らす。
重い鐘の音は、体のそこに響くようで、ココチいい。

一番のお願いごとは、
お釈迦さまにしたから・・・・

ええっと、あとは。


タイチがMTBをはじめたから、3日坊主になりませんように。

イツキも補助輪はずれますように・・

枯らしてしまったガジュマルが、もう一度復活・・・

な~んてね!
いざとなると、ひとつに決められなくて、うでくみ。

空を見上げると、
新緑の枝の隙間から、
風が鳴って、青いソラが見えました。

早く夏こないかな~。

あとで、知ったコトですが、
ここは、宝くじが当たることで、有名な場所とか?

なるほど。どおりで。

涅槃像の中で、お守りを買うと、
お守りと一緒にスクラッチが
入っていたり。

お線香と、ろうそくの横に“ロト6”が置いてあったり。。

あ。宝くじとは関係ないけれど、
お釈迦様の体内には、
ヨンさまと、チャジウのサインもあった!!


・・・・・・
私の真剣なお願いごと、、叶うかなあ?


でも、なんとなく、日ごろのいろんなコトを忘れて
“くっくっくッ♪”
と気楽に笑えたから、
うん!よし!大丈夫だね。

それにしても、
休日にひとりでお参り、くらいかなあ・・・(笑)

あじさい  あじさいも、キレイでした☆






23:44 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

田舎 ~ありがと~ 

未分類 |

田舎遊びが終ったころ、
すっかり夜になってしまっていたので

イサオさんのご両親が、
おそうめんやら、お団子やらを用意してくれました。

「またおいで。夏になったら、ココでキャンプするといいよ」

そんな風に
初めて会った私たちに
あたたかく仰ってくれました。

私が一番うれしかったのは・・・

もちろん大自然を満喫できたことも、
子供たちが喜んでいたことも、そうだけど、

イサオさん、フミさんのあたたかい気持ち。

「野性人の子供たちに、この環境をみせてあげたい」

“自分は自分”“人は人”という世の中のなかで、

ご自身の子供たちだけでなく
他人の子供たちでさえも、わが子同様接してくださり、
いろんなコトを一生懸命、教えてくださる、
その気持ち。

それが、ココロの奥にたくさん伝わり、
胸があたたかくなりました。。

イサオさんの古里は、とってもステキなところでした。

いい言葉が見つからなくて申し訳ないけれど、

きっといつ訪れても、変わらない、
それでいて、新鮮さを失わない、
そんなところだと思いました。

イサオさん、フミさんの、
ゆるりとした空気は、、“なるほど”
ここからきているのかもしれないなあ。

その土地の持つ力や、空気といった目にみえないものが、
自分自身に影響していくんだろうなあ
って感じました。

私もそうありたいです。

穏やかで、ふわりとやさしい気持ちにさせてくれる場所は
そうありません。


いつまでも、
イサオさんの古里が、
子供たちにとっても、
大人たちにとっても、
あたたかい、しあわせの場所でありつづけてほしいと
ココロから願っています。。


イサオさん、フミさん。
ありがとうございました。

とっても楽しかったです。

しつこいようですが、

“また連れて行ってくださ~い”










23:24 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

田舎 ~野性人いっぱい~ 

未分類 |

さて、さて、
ぐみをほおばり、ありじごく採集の次は

田んぼで、いもり釣りです。
たんぼ


アミでひょいとすくうだけで、
たくさんのイモリがアミにかかります。

女の子も、男の子も
素手で泥だらけになって、
なにかにとりつかれたように、夢中でイモリ・・・

大きな水槽の中には
何十匹のイモリが、うじょうじょと。

イサオさんは、
こうやって↓子供の頃、イモリを捕まえていたとか。
草のつるで輪を作り、そこにイモリをひっかけます。

お見事!!
いもりつり


最後は田んぼに帰してあげました。たんぼ2


冒険は、まだまだ続きます。
最後は、川遊びです。

釣りへ!


竹の竿を持って、みんなで一列。
川に向かって歩きます。
たくさんつれた!


大人も子供も、みんな川にはいって
カニをとったり、魚(やまめや、あぶらめ・・)を釣ったり、
いつの間にか、
子供たちと同じように、
大人たちも、一生懸命、田舎遊びを楽しんでいました。

気がつくと、外は真っ暗。
あっという間による。

たくさん遊んでヘトヘトなのに
子供たちは、まだまだ遊びたりない様子。

服も靴もどろんこになって
夢中で遊んだこのとき。

きっと子供たちは、一生、ココロに残っていると思います。

すっかり夜になってしまった帰り道。

川沿いに、なにかゆらゆらしています。

  消えて。ひかって。消えて。ひかって。

ほたるです。

たくさん。たくさん。

道路のほうに、ふうう。。とやってきた蛍を
一匹、手で囲ってつかまえました。

子供たちが交代で、
手の中を覗く。息をとめて、しずかに。

ホタルは、呼吸するように
静かに光っていました。

みんなが同じものを嬉しくみた瞬間。

ひかりの話し声だけが、川べりの草むらに、てんてんと浮かぶ。

今日のしめくくりにふさわしい光景でした。

22:57 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

田舎 ~冒険~ 

未分類 |

高速を通り、車を走らすこと2時間。

川沿いを走り、
滝を通りすぎ、

民家が少しづつ減って(不安になる中)
さらに山をぐんぐんと登り、
イサオさんのご実家に到着しました。

『わー!!すごい!!』

これが着いたときの、私の芸のない第一声・・
高村家付近


なにかワクワクしたものが飛び出してきそうな山々。
深い緑。
さわさわと風の音。鳥の声。
ゆるりとした穏やかな空気。

初めてきた場所なのに、
なにか“懐かしい”ような、そんな感じがします・・

ああ、思っていたとおり!
ステキな場所。

“きてよかったなあ~”

大きく深呼吸。

そんな思いに浸っているのもつかの間。
子供たちは、あっという間に車から飛び降り、
「目的地」に向かって、坂をかけていきました。

今日の隊長は、中学一年生のユウカちゃん。
タイチのために、この“田舎ツアー”を計画してくれ、
こんな地図と、メニューを考えてきてくれました。
ゆうかちゃんの地図


プログラム一番は

「近所の人の家にグミをとりにいく」

ゆうかちゃんの地図2


場所は、おばあちゃんちから
まっすぐ坂をのぼり、
お宮を通り過ぎたところ。

子供たちを追いかけて、
ぐみの木に到着すると、
もうすでに、タイチは“ぐみの木”の上。上。

さるかに合戦の、いじわるなサルのように
高いところで、
むしゃむしゃと、ぐみをほおばっていました。
ぐみ  ぐみ2 真っ赤な実。かわいい!!

プログラム2番は

「お宮でありじごくをとる」

ありじごく捕り  うすばかげろうの幼虫


細い棒で、くるくると“ありじごく”を掘ると
イツキでも捕まえることができます。

たくさんGET.
またまた我が家のペットが増えました。

つづく。






22:28 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

田舎 ~古里~ 

未分類 |

“明日、田舎にいこうかと思っています。急だけど、どうかな?”

そんな嬉しいメールを、フミさんからもらったのは
先週、金曜日のこと。

もう頭の中が、“いなか”でいっぱいになる。

どんなところかな?
ありじごく、見られるかな?
何の花が咲いているかな?
子供の頃、住んでいた高松に似ているかな?

なによりも、
タイチ、喜ぶだろうなあ。。。。

タイチのはしゃぐ顔を想像するだけで、顔がにんやりしてしまう。

『田舎!見たい!見たい!行きたい!つれてって!』

と、フミさんのダンナさんである、
“ぺさん”・・もとい、
“ペガムラさん(愛称)”
いや、今日はイサオさんと呼ばせてもらいます。

イサオさんにせがんでしまったから、
気にしていたのかなあ・・・と申し訳なく思いつつ、、

うん!行きたいもんは、行きたい!

念願叶って、イサオさんの古里である
大分県玖珠町のご実家につれていってもらいました。

イサオさんと、フミさん。
その子供たちの、ユウカちゃんに、リョウマくん。

同じく仲良しご夫婦の
ヒデトさん。
タカコさんは、お休み~・・残念(涙)
子供たちの、アヤナちゃんと、リョウヤくん。

そして、私とタイチ、イツキ。

総勢10名で、イサオさんの故郷へ、ゴーゴ、GO!!
21:40 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

週末 

未分類 |

なーんにもしたくない金曜日のよる。

夕ご飯。

もう今日は、いっそ手を抜いて

夕飯は、“ひやしうどん”に決まり!

お湯をわかし、茹でる。

あつあつのうどんを、つめたい氷水に、がりん。

両手でもむように
こすりながら、流水で冷やしたら、

大根おろし。
ねぎ。
しそ。
みょうが。
白ごま。
のり。
私の好きな、なめたけ。

薬味を、みーんなのせて、かつおぶし、ふわり。

つゆをまわしかけて、

一気にざざーっと食べる。

食べることに集中。

大急ぎで、食べる。食べる。

そして、

仕上げは、つめたいビールを、ごくん。


ふううう。

今週もおつかれさま!

21:54 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

ゆりの花 

未分類 |

実家の庭に、
今年も百合の花が、たくさん咲きました。

あまりにもたくさん咲いたので、母が

「家に飾るといいよ」

と、ぱちんと切って、持たせてくれました。

雨の中。
庭にひっそりと咲いている百合は
どこか悲しげなんだけど。

家に飾ると、すごく豪華!
ものすごい存在感。。

最初は、蕾だったのに
今日、殆どの花が咲きそろいました。

花がひらくと同時に、

お部屋中、百合の花の香りでいっぱい。

髪の毛も、シャツも、てのひらも

腕も指先も

みんなみんな、

百合の花の白い香りでいっぱいに。

百合の花の、香水を全身にあびたみたいです。

あけっぱなしの窓からは、
雨の匂い。

梅雨入りしたのかなあ?

通勤途中の峠のアジサイたちも
見逃せない季節になりました。


ゆり







23:00 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

休日 

未分類 |

月曜日は、お仕事がお休み。

今日は、午前中の用事が思いのほか
早く終ったので、
久しぶりに、ふらふらと車で出かけました。

空港のそばを通って
飛行機を見たり・・・

そのまま走っていると
ダイアモンドシティについてしまったので、

コレといって
欲しいものはなかったんだけど

なんとなく洋服を見たり
大好きな雑貨をみたり、

スタバでお茶を飲んでみたりしました。

実は、かなりの独り好き。

私にとって、必要な時間だなあ・・・って
ふう~とおもいました。

友達とのお喋りも楽しいけれど、
自分の思いつき通りに動けるのは、とても愉しい。

きっと毎日がするべきことに
追われているからでしょうね。

さあさ。また明日からお仕事。

少しの時間だったけど、
リフレッシュできたので、また頑張れそう。

明日の朝、目が覚めたら
勢いよく顔を洗って
楽しい音楽をかけて、出勤しよう。

笑顔いっぱいでスタートできるようにね!

Tシャツ  今日買ったのは、お仕事用Tシャツのみ・・・ 
                  夏は新しいTシャツが、たくさん欲しくなるよね!






22:29 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

R202 

未分類 |

夜のこと。
実家からの帰り道。

今日は、いつもの山越えルートを通らず、
街を通って帰りました。

この道は、
学生時代、朝も昼も夜も、
毎日通っていた、懐かしい道。

久しぶりに通ってみると、
道路が広くなっていたり、
知らないお店がたくさん出来ていたり、
随分と景色が変わっていて、びっくりしてしまいました・・

あの頃。
楽しかったなあ。

みんなで、くだらないコトに笑ったり、はしゃいだり。

明け方まで飲んだり。
海で花火したり。

男女関係なんて全くなくて
狭い車にぎゅうぎゅう詰めに入ってドライブしたり。

朝日と共に、無言の解散。
ノンキで気楽。

懐かしくって、ちょっと誇らしい気持ち。。


今では、それぞれが結婚したり、
子供がいたり、
夢を追いかけていたり、
違う道を歩いていて。。

会う機会も減った友達もいるけれど、
たのしい思い出って、いくつになっても
消えないものだなあ。。。って思いながら帰りました。

みんなちゃんとわかっているんだよね。

この道が変わったように、

あのときと、変わったこと。
変わってしまったこと。

きちんと変われたこと。

違う場所にたっていること。

だから、また会いたいって思う。
だから、会える!

振り返って、同じ気持ちで
笑える場所があるのは、いいよね。

きっとそれは、とても幸せなこと。。

母校のレンガ色の校舎を見ながら、
そんな風に思いました。


23:38 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

四角の中。 

未分類 |

彼らが、我が家にやってきて
一週間がたちました。

「これ、タイチくんが好きそうだったから!」

と、ご近所のユウカちゃんが、
四角い箱を持ってきてくれました。

箱の中。
さらさらの砂。

すり鉢状の穴が6つ。
ありじごく


コレをつくった犯人は “ありじごく”

“ありじごく”とは、ウスバカゲロウの幼虫。

5ミリ足らずの小さな虫です。幼虫  

よーく観察してみると、

まっさらな砂地に、後ろ歩きで砂にもぐっていき、
ちっちゃな石やら、木やらを
ぽいぽいっと、ほうり投げて
すり鉢状に穴をほり、
ひとりでするするっとその穴の中に入っていく。

穴に運悪く、落ちたアリを
二つの牙ではさみ
穴の中に引きずり込む。

そして、体液だけを吸い
またアリを巣の外にぽーいって
放りなげる。。

(ちょっとリアルな話でごめんなさい・・・)

イツキは毎朝、
せっせとこの箱の中に
アリを運んでいます。

「アリを運ばんと、アリジゴクが可哀想やし
アリジゴクに入ったら、アリは可哀想やし・・」と
言いながらも、、

「ジゴクの使者がやってきたぞおーーー!!」

なんて言うからさ、
子供はこんなとき、ちょっと残酷・・・

考えすぎては、いけません・・・

それにしても、
こんな、いかついギャングみたいな幼虫が

あんな繊細なカゲロウになるなんて、不思議だなあ。

このちいさな体の中で、いったい何が行われているんだろ。

ちょっと情がうつってきました。

いつか飛び立っていく日まで
イツキに頑張ってもらわなくっちゃ。

今日から6月。
雨の季節になりました。





23:11 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。