Powerful Smile! 

ワラエル コトガ ステキ!

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  trackback: -- | comment: -- | edit

自分らしさ。 

未分類 |

“休もう”ただそう思った。

2か月間、仕事を離れて、

ほとんどの時間を家でゆっくりとすごした。

子供たちのこと。

仕事のこと。

これまでのこと、これからのこと。

いろんなことを考えていた2か月間だった。


もう先生はおしまいにしよう・・と思っていたのに、


結局、つぎの仕事も、同じ仕事を選んでしまった。



やっぱりこういう運命なのかな。


なんとなく、ココロに重たいものを残したままのスタート。


ようやく一週間になろうとしている。



あたらしいようちえん。


厳しいけれど、理解のある園長先生。

昔、お世話になったT園長先生に、とてもよく似ている。




一緒に組む先生は、10歳も年上のベテラン先生で
勉強になることも多い。


なのになぜだろう。

保育方針の違いだけで、

こんなにも仕事をすることに違和感を感じている。


働いていて、お給料をいただく以上、

園の方針に沿った保育をしなくてはいけないこともわかっている。


だけど、だけど、、

自分のなかで築いてきた信念を

どうしても捨てきれないでいる。



悩んで悩んで

すっきりとしない朝。

2通のメールが届いた。




“ユミコせんせいは、幼稚園の先生が天職だと思うので、
 どこかで先生をしていると思うとうれしい。”



“ユミコ先生は、ユミコ先生らしく、笑顔で元気にすごしてほしいです。
 魔法の笑顔とオーラにとりつかれる人たちが、どんどん増えていく気がします”


以前うけもっていた子供たちのお母さまからのメール。


状況もなんにも話してはいないのに、

まるでわたしの落ち込んだ様子を見ていたかのようで。



ココロのなかの重たいものが、

ストンと落ちた気がした。



そして、追い打ちをかけるように、


さっき、

前職でお世話になっていた事務長のH先生から電話をもらった。


責任のある立場でいながら

わたしのような退職者にも、やさしい配慮をしてくださる人柄に

申し訳ないような、うれしいようなキモチになった。


思わず溜めていたものを話してしまうと、


「君なら大丈夫だから。あなたらしくいなさい」


我慢していた涙が


どんどんこぼれてきた。



力強く励ましてくれたH先生の優しい声を

わたしは、生涯忘れることはないだろう。



今“自分にしかできないこと”を、ずっと考えている。


生活のことも、お仕事のことも。そう。



まずは、自分が大事。


笑えること。

食べていくこと。

安心して眠れること。

悲しければ、涙を流すこと。

季節を感じること。

その生活の中で、

今よりも、もうすこし

まっすぐ立って前を見ることができたら、



わたしは、わたしらしく



わたしにできることを


やっていけたらいいなと思う。






スポンサーサイト
01:02 |  trackback: -- | comment: -- | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。