Powerful Smile! 

ワラエル コトガ ステキ!

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  trackback: -- | comment: -- | edit

四角の中。 

未分類 |

彼らが、我が家にやってきて
一週間がたちました。

「これ、タイチくんが好きそうだったから!」

と、ご近所のユウカちゃんが、
四角い箱を持ってきてくれました。

箱の中。
さらさらの砂。

すり鉢状の穴が6つ。
ありじごく


コレをつくった犯人は “ありじごく”

“ありじごく”とは、ウスバカゲロウの幼虫。

5ミリ足らずの小さな虫です。幼虫  

よーく観察してみると、

まっさらな砂地に、後ろ歩きで砂にもぐっていき、
ちっちゃな石やら、木やらを
ぽいぽいっと、ほうり投げて
すり鉢状に穴をほり、
ひとりでするするっとその穴の中に入っていく。

穴に運悪く、落ちたアリを
二つの牙ではさみ
穴の中に引きずり込む。

そして、体液だけを吸い
またアリを巣の外にぽーいって
放りなげる。。

(ちょっとリアルな話でごめんなさい・・・)

イツキは毎朝、
せっせとこの箱の中に
アリを運んでいます。

「アリを運ばんと、アリジゴクが可哀想やし
アリジゴクに入ったら、アリは可哀想やし・・」と
言いながらも、、

「ジゴクの使者がやってきたぞおーーー!!」

なんて言うからさ、
子供はこんなとき、ちょっと残酷・・・

考えすぎては、いけません・・・

それにしても、
こんな、いかついギャングみたいな幼虫が

あんな繊細なカゲロウになるなんて、不思議だなあ。

このちいさな体の中で、いったい何が行われているんだろ。

ちょっと情がうつってきました。

いつか飛び立っていく日まで
イツキに頑張ってもらわなくっちゃ。

今日から6月。
雨の季節になりました。





スポンサーサイト
23:11 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shina913.blog103.fc2.com/tb.php/163-fa34acd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。