Powerful Smile! 

ワラエル コトガ ステキ!

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  trackback: -- | comment: -- | edit

お父さん 

未分類 |

今日は、タイチの運動会なので

4日ぶりに、自宅へと帰ってきました。

ここにいると、この数日がウソのよう。

やっと一人になれたので、

父の遺影の前に、ビールをおき

一緒に飲んでいます。。。


父の最期は、だれも知りません。。

駆けつけたあとは、

もう。

お浄土に旅立ったあとでした。

その最後が、

どうか安らかであったことを

願わずにいられません。


前日に私は父に会っていました。

なぜか、私には

父の死が分かっていました。

「生きて会うのは、今日が最後だなあ」って。

父の目を見たとき、

そんな風に思いました。

だから、帰り道。

運転をしながら、


わんわんと泣きました。

タイチや、イツキに会うまでに、

泣き止まないといけない。。

そのことばかり思いながら。


赤い曼珠沙華が、とてもキレイでした。


自分なりのお別れは、そのときにできたつもりでいます。


父は、もっと生きたかったかな?

2年も頑張ったから、
もう天国に行きたかったかな?

何回よんでも、
その目は開かないし、

何回触っても
冷たいまま。

私は、頭の中で
ごめんね。ごめんね。

って何百回も謝った。


もっともっと会いにいってあげればよかった。

働いていようが、

子供がいようが、

もっともっとたくさん

会いにいってあげればよかった。

そうしたら、

時間や、運命が
なにか違う方向に働いたかもしれないって。


姪や義兄みたいに、

おとうさんは、

わたしの夢のなかにはでてきてくれません。


夢でもいい。

もう一度、お父さんに会いたいって思う。



実家に帰っても

病院にいっても

畑にいっても

囲碁教室にいっても

もう父は、

どこにもいない。

それが、圧倒的な事実。


さみしいけど、

いつか、またね。

私がお浄土に旅立つまで

ばいばい。おとうさん。









スポンサーサイト
00:18 |  trackback: 0 | comment: -- | edit

トラックバック

トラックバックURL
→http://shina913.blog103.fc2.com/tb.php/226-58a90d62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。