Powerful Smile! 

ワラエル コトガ ステキ!

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  trackback: -- | comment: -- | edit

灯り。 

未分類 |

幼稚園の角を曲がり、
つきあたりまで行くと、公園。

その横が、わたしのおうち。

今日も公園から、タイチが手をふる。

「オカーサン、オカエリー!」


家に入ると、ランドセルが玄関にふたつ。ごろり。

そのよこに、帽子がふたつ。


机のうえには、たべかけのお菓子。

わたしは、ふうう。と片付ける。


しばらくすると、イツキが習字から帰ってきた。

「イツキ、オカエリー!」


キレイになったテーブルの上を見て、イツキが言う。

「オカーサンと一緒に食べようと思って、お菓子残しとったのに、片付けたん?」


”そうだね。いっしょにたべよ”


お菓子を食べながら、

お習字のこと。

学校のこと。

顔につけた傷のこと。

イツキは、ひとつひとつを両手で拾って
その手のひらを、広げてみせるように、、話す。

袖には、今つけたばかりの
墨のあと。



話しているうちに
穏やかで、あたたかな気分。





わたしも話す。

“今日、ひよこちゃんたちと、風車をつくったんだ。”

“風が吹かなくて、オカーサンはたくさん走ったよ”

“お昼ご飯はメロンパン”

お菓子を食べていると、
公園から、タイチのこえ。


「オカーサン、コーエンニ キテー!」


はいはい。と外にでる。


“わああ。おおきなおやま、つくったねー!”

“おかーさん。ちがうよ”



“これは、手と足をひっこめた・・・・かめ!”


タイチもイツキも

一緒に作ったミウラくんも大爆笑。


公園の向こうの家に灯りがともる。


隣にすんでいるプリンがワンワンとほえる。

イツキがまた追いかけられる。


さらりと抜けていく 夕方の風。


さ。そろそろ帰ろ。

今日のゆうごはんは、

トマトのスパゲティーだよ。



一日のおわり。

人と人が生きていくって

きっとこういうことの繰り返し。


おうちっていいなあ。と素直にそう思った夕方。





















スポンサーサイト
20:21 |  trackback: 0 | comment: -- | edit

トラックバック

トラックバックURL
→http://shina913.blog103.fc2.com/tb.php/372-933bfe75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。